19.党総裁選

2009年9月21日 (月)

自民党総裁選挙にあたり

 現在、自民党総裁選が行われている。「石破総裁待望論」で述べたように、総裁選こそが自民党再生のカギだと思う。残念ながら石破茂議員は立候補しなかったが、西村康捻、河野太郎、谷垣禎一の各衆議院議員が立候補し論戦がスタートした。日程的には、9月27日が党員投票の投票締め切り日、28日が議員投票の投開票日となる。

 ときどき「誰に投票すればええんかな」と問われるが、今回、僕は誰かを推薦するということは控えたいと思っている。むしろ党員の皆さんが、各候補者の訴えに耳を澄ませ、「この人に自民党を託したい!」と思う人を自分の考えで選ぶことから、自民党再生の第一歩は始まるのではないだろうか?(それに、一度「石破総裁がいい!」と書いたのに、また別の人をすぐ推薦することはできないです)。

 ただ個人的には以下の二点で各候補を評価したいと思っている。

 ・二大政党時代下における自民党の理念を、再定義しようとしているか。
 ・その実現のために、どのような手立てを講じようとしているか。

 民主党マニフェストが総選挙で選ばれたという現実があるのだから、現時点ではいきなり政策で民主党と争うことは難しい。むしろその背景にあるべき自民党ならではの理念を明確に示し、その方向に向かって党が団結すれば、独自の政策はそれに随って出てくるはずだ。「なぜ民主党ではなく自民党なのか?」という質問に、人の心を掴むヒトコトで応えられる候補者がいれば、その方がベストだろう。

 各候補の訴えをしっかり聞いて、自分の一票を投じたい。また投票権がある党員・党友の方は、ぜひ貴重な一票を大事に行使願いたい。

<各候補の訴え 自民党Webサイトより>

 ○西村康稔 候補

 ○河野太郎 候補

 ○谷垣禎一 候補

| | コメント (4) | トラックバック (0)