« 死因究明等推進法案が審議入りしました。 | トップページ | 安全保障法制の整備に関する閣議決定について »

2014年6月20日 (金)

第186回通常国会を振り返って

 さきほど衆議院本会議が終了し、事実上通常国会が閉会となりました。「好循環実現国会」として第2次安倍政権の2度目の通常国会であり、本予算の早期成立や消費税の増税、様々な重要法案の成立、そして安全保障法制度の見直し議論といった多くの成果を上げた国会だったと思いますし、最終日の石原環境大臣に対する不信任決議案の提出は残念でしたが、まさにその前日まで空転したり政局になることもなく、その分与野党ともに着実に審議を行い、150日の期間内で多数の法案を成立させることができた極めて充実した国会であったと思います。

 また私個人として振り返ってみても、やはり充実したものだったと思います。昨年秋から党総務部会長代理、衆議院総務委員会理事また党情報通信戦略調査会事務局長を拝命しています。この関係では地方自治法改正案、電波法改正案、行政不服審査法改正案また議員立法の行政書士法改正案等の法案審査を行い、成立させることができました。特に地方自治法改正案では、初当選以来9年目にして、また落選も経験した中で、はじめて本会議場の演壇に登壇し、党を代表して総理に質疑する機会を得たことは、個人的にも感慨深いものでした。折角の機会ですから言いたいことは言えたと思います。現場でも、高木陽介委員長、山口泰明与党筆頭理事、原口一博野党筆頭理事をはじめ各党の理事の方々との緊張感を持ちつつも協力的かつ前向きな協議の中で、充実した審議が進められたと思います。とりわけ今年はNHK関係の審議にはいささか気を遣いました。いろいろありましたので。

140410

 もう一つの所属委員会である衆院法務委員会でも、円滑な審議により今国会政府提出法案を全て議了できたことに加え、継続審議となっていた児童ポルノ規制法改正案について修正の上成立させることができました。実務者協議にあたられた各党理事に敬意と感謝を申し上げます。国会対策委員会副委員長としてこの委員会を担当しましたが、円満に経過してほっとしています。またもう一つの担当委員会、海賊・テロ対策特別委員会も円満に終始し、最後にイスラム過激派組織「ボコ・ハラム」による拉致事件等に関する件として全会一致で非難決議を行いました。

 また一期生の頃から携わり、昨年から党難病対策PT事務局長として法案作成に関わっていた難病医療法案等についても今国会でほぼ全会一致で成立。これも衆院厚生労働委員会に出向き、自民党からの唯一の質疑者となる機会を得ました。また公明党との共同提案者として名を連ねていたアレルギー対策基本法案も今回成立させることができました。

 一方党内でも様々な活動をしています。まず道州制推進本部事務局次長として道州制推進基本法案の議論に取り組みました。今国会では残念ながら党内意見の集約に至らず、これは次期臨時国会での再チャレンジとなります。人口減少社会を見据えつつ引き続き丁寧に説明、議論を行う必要があるでしょう。また先に挙げた児童ポルノ規制法改正のみならず、リベンジポルノ対策や3Dプリンター銃対策など、特にネット上の違法有害情報による被害対策にはあれこれ頭を悩ませました。リベンジポルノ対策では最後にひと知恵絞ったので、それで今後の法制化に弾みがつき、不当な被害に苦しむ方々が減らせるよう願っています。またサイバーセキュリティ対策基本法案の提出もサポートしましたが、これも残念ながら今国会での成立は困難な模様です。

 また医療事故調査の関係では、党内において再発防止につながる制度となるべく論陣を張りました。法律は今国会で成立しましたが、今度の厚労省のガイドライン作成を注視しなければなりません。また議連の幹事長を務めている歯科技工士法の改正も同時に実現しました。子育て支援に関しては、子ども・子育て支援新システムの公定価格の議論が白熱しています。子どもたちの健全な発育に繋がるようにしなければなりません。その他、法曹養成制度、宇宙政策、結核対策、肝炎対策、認知症サポーター、ケアラー支援、LGBT勉強会などなど、議連等の活動で様々なテーマに関わりました。党国家戦略本部の「2030年の日本」プロジェクトでは様々な刺激を受けました。また昨年冬の、総理靖国参拝と重なりとても寒かった北京訪問から半年を経ずして、再び日中議連の一員として民主党辻元清美衆院議員、公明党伊佐進一衆議院議員とともに北京の地を踏むことができたのは、外交的にも有意義だったと思います。

 そして今国会で最も心血を注いだのは死因究明制度でした。前半は死因究明基本計画検討会の最終報告書のとりまとめにあたり提言を行い、これが纏まった春以降は議員立法「死因究明推進基本法案」の起案から党内手続きから各党協議から国会提出まで、目が回るような忙しさでした。保岡興治議連会長にご指導を頂きながら、津島淳事務局次長にサポートしてもらいつつ、ゼロからスタートした割によく頑張ったと正直自分でも思います。国会最終盤となり他法案との兼ね合い等から残念ながら委員長提案とすることができず成立させることができませんでしたが、衆議院内閣委員会にて審議入りしたまま継続審議となりましたので、次期臨時国会での早期成立を目指します。最近、子どもの行方不明や虐待死のニュースも多く、そうした事件を防ぐ対策にも繋げられるように展開させられればと思っています。このようなことで、東京では目の回るような充実した日々を過ごすことができました。地元の皆さまの暖かいお励ましと、先輩や同僚の議員各位、のみならずサポート頂いた官僚や衆院法制局、党職員、そして事務所スタッフのご理解とアシストに支えられて頑張ることができました。

 国会開会中は、だいたい月曜から毎日国会対策委員会の正副委員長打ち合わせがあるために結局平日はほとんど東京に張り付きとなりました。そのためになかなか倉敷・早島に戻ることができず、地元の皆さまには正直申し訳ない思いがあります。その中でも「橋本がく 前進の集い2014」には多数の皆さまにご参集いただき、貴重なご支援を賜りました。また各地域でのミニ集会でも、暖かく、また時には厳しくご意見・ご指導を頂き、街頭に立ってもご声援を頂き、感謝の思いで一杯です。

 初登壇の対総理質疑の際、「最後に、議場におられる議員諸兄姉に一言申し上げます。掲げる政策や立場は異なりますが、すべての皆さんに愛する地元や故郷(ふるさと)があるはずです。冒頭申し上げた通り、今後の日本は、人口の激減というこれまでの政策の前提や常識が通じない世界に突入します。
地方制度を考えるにあたっても、現在の形に囚われてはなりません。過去の流れにも囚われてはなりません。未来に暮らす子どもたちや孫たちに、よりよい故郷(ふるさと)とよりよい日本を残せるよう、来るべき将来を真摯に見通し、前向きかつ柔軟、そして大胆なご議論を賜りたい。」
と呼びかけました。これは、自分がかくありたいと願っていることを述べたことです。通常国会は閉会しますが、これからも故郷への感謝を胸に努力を続けますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

橋本 岳 拝

|

« 死因究明等推進法案が審議入りしました。 | トップページ | 安全保障法制の整備に関する閣議決定について »

23.雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525277/59847298

この記事へのトラックバック一覧です: 第186回通常国会を振り返って:

« 死因究明等推進法案が審議入りしました。 | トップページ | 安全保障法制の整備に関する閣議決定について »