« 東京でのある一日の行動 | トップページ | 三本目の矢、準備中 »

2013年1月30日 (水)

お預かりした役職の紹介

 今週から通常国会が開会し、月曜日には安倍総理の所信表明演説、今日は海江田万里・民主党代表、平沼赳夫・維新の会国会議員団代表の代表質問がありいよいよ論戦がスタートしました。安倍総理の演説は必要なポイントに絞りメッセージ性の強い所信表明でした。「なぜエネルギー問題や憲法問題について触れなかったのか」という質問もありましたが、これは来月の来年度予算の国会提出時に改めて施政方針演説を行うためで、まずは補正予算のために絞った演説をしたものです。二度目ということもあり、安定感があります。今日は質問に答えて「憲法96条の改正を目指す」といった姿勢の表明もありました。

 同時に、僕自身も当選以来、国会や党内でいろいろなお仕事を頂くこととなり、役職・肩書が増えました。これは別に偉くなったということではなく、それぞれの政策分野等に一定の責任を預かったものだと思っています。こういう職責を果たすため、東京でも忙しく過ごしています。もちろんご支援いただいた皆さまのおかげで忙しくしていただけるのであり、誠に有り難いことです。今後も増える可能性がありますが、とりあえず現時点での役職等をここでご紹介します。しっかりと与えられた責務を果たし、社会のために尽くします!


衆議院議員(岡山県第四選挙区選出、当選二回)

もちろん、今回有権者の皆さまにお与えいただいたこの役職がすべての出発点です。

●衆議院
 総務委員会 理事
 海賊行為への対処並びに国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動等に関する特別委員会 理事
 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 委員

衆議院議員は、衆議院の中で必ず一つ以上の常任委員会に所属する必要があります。今回は「総務委員会」の所属となりました。名前の通り総務省が所管する行政分野の担当で、具体的には地方自治、地方財政、放送・通信、郵政、統計、行政評価などを担当します。まずは地方公務員の人件費削減要請とそれに伴う来年度予算における地方交付税の減額措置あたりが最近ホットなテーマでしょう。特別委員会は個別の政策テーマごとに設けられるもので、今回は二つの委員会に所属することになりました。海賊・テロ特委は、以前は「イラク・テロ特」でしたが、自衛隊の海外派遣による国際平和支援について議論します。アルジェリアの事件についても審議することになるかもしれません。また沖縄・北方特委は、名前の通り沖縄問題、北方領土問題が担当です。なお、「理事」とは、委員の互選により選ばれるもので、会派を代表して委員会の運営を司ることになります。具体的には委員会の日程や議題の調整、質問者の選定などを行います。

●自由民主党
 政務調査会

政務調査会とは、自民党の政策決定機関です。部会は各省庁ごとに置かれ、各省庁の政策・法案・予算は部会の議論を経て政調審議会、総務会を経て党議決定されます。調査会は個別政策テーマごとに設置されるもので、さらに細かくPT(プロジェクトチーム)や小委員会などが置かれることもあります。だいたい平日の朝8時からといった日程で部会・調査会の会議は設定されることが多く、朝一番の日程になりやすいです。

  総務部会 副部会長
  厚生労働部会 副部会長
  経済産業部会 副部会長

それぞれ総務省、厚生労働省、経済産業省の法案・予算等を議論します。自民党は現在与党のため、法案等が一旦党議決定され国会に提出されると、国会では反対することはできません(いわゆる「造反」になります)。国会提出前にじっくりと議論するのが党内の部会です。部会の了承がなければその先のプロセスに進むことができません。党内議論の熱いバトルが実際に繰り広げられる現場です。

  情報通信戦略調査会 事務局長
  選挙制度調査会
   インターネットを使った選挙運動に関するPT メンバー

部会と並んで個別政策ごとに設置されるのが「調査会」です。インターネットを使った選挙運動に関するPTは、今国会中に公職選挙法を改正するという安倍総理の方針下、平井卓也座長を筆頭に目下フル回転中。情報通信戦略調査会は、川﨑二郎衆議院議員が調査会長。日本のICT戦略を推進します。

組織運動本部
 青年局 次長

45歳以下の自民党国会議員で構成。82人の大組織であり局長はご存知、小泉進次郎衆議院議員。各都道府県連にも青年局組織があり、あわせて若者による運動・政策実現を目指します。

広報本部
 ネットメディア局 次長

自民党のWebサイトやFacebookページ、カフェスタでの番組配信からニコニコ動画利用など、自民党のネット上の広報戦略を担います。局長は平井卓也衆議院議員。ある雑誌には政党で最もネット利用が進んでいるのは自民党と評価をされましたが、それを実際に担う組織です。

岡山県支部連合会 顧問

●議員連盟
 医薬品のネット販売に関する議員連盟 事務局長
 異常死死因究明制度の確立を目指す議員連盟 事務局長
 DFD研究会 事務局長

議員連盟とは、特定の政策分野等に興味関心を持つ任意の議員グループ。とはいえ議員立法や政策への影響も大きく、おろそかにはできません。医薬品ネット販売については、1月11日の最高裁判決を受け、週に一回ペースで既にフル稼働中。異常死死因究明制度についても、昨年の立法措置を受けて今年中に新しい制度の枠組みを検討すべく、そろそろ始動させます。DFD研究会は、先端科学技術研究(宇宙開発や海洋研究ナドナドについて提言を行う研究会。ダイナミック・フューチャー・ドリーム研究会というかなり和製英語の略ですが、命名者は「銀河鉄道999」の松本零司先生です。


130130_mini
(今朝の厚生労働部会にて。田村憲久・厚生労働大臣挨拶中。隣は福岡資麿部会長、石井みどり部会長代理)

130130_mini_2
(今日昼の青年局会合。挨拶する小泉進次郎局長。隣は竹下亘・組織運動本部長)

|

« 東京でのある一日の行動 | トップページ | 三本目の矢、準備中 »

02.東京活動」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

私は文章を書くのも読むのも苦手で、
週刊誌さえも読まない生活をしています。

橋本がくさんのブログを見つけたのは偶然で
今では、
更新を楽しみにするほどになりました。


橋本がくさんの文章は読みやすいですね。


「優しい書き方」と言おうか
「素人にも分かるように書いてくださっている」と言おうか。

とにかく、
読んでいて楽しいので
大好きです!!

毎日ブログを更新できないのは、

「国民のために走り回っている」

ということだと私は思っています。

投稿: 政治のことに無関心でした。 | 2013年3月 9日 (土) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525277/56662119

この記事へのトラックバック一覧です: お預かりした役職の紹介:

« 東京でのある一日の行動 | トップページ | 三本目の矢、準備中 »