« TPPで信を問うてはいかが? | トップページ | 紅葉の季節 »

2011年11月14日 (月)

今の政権にTPP交渉は任せられない

 まず、6日に開催した「橋本がく躍動の集い」では、多くの方のご協力ご支援をいただき無事開催させていただくことができた。お力添えいただいた皆様に、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。特に、福島から駆け付けていただいた亀岡よしたみ先生にはなまなましい原発事故の現地のお話をいただき、私も改めて現実を認識させていただけたし、来場者の方々にも深く印象に残ったのではないだろうか。お越しいただいた甲斐があったと思っている。

 さて、その際にTPPについて、「民主党政権がTPP交渉を担うことに反対」と申し上げた。どうせ結論ありきの話だっただろうからいまさらAPECでTPP参加表明をしたからといって驚きはしないが、やっぱりなあという展開になっている。早速日米首脳会談での野田総理の発言について、アメリカとの間で「言った、言わない」の争いが起こった。真相は藪の中だが、今後もこういうことが続くだろう。

 そもそも、国内での決着も「参加に向けた各国との協議を行う」が「参加表明ではない」とかいう詭弁を弄すものだった。煙草に火をつけて口にくわえながら、「息は吸ってないからまだ禁煙中」と言うようなものだ。そういうのを二枚舌というのである。まあ、それで「参加表明じゃないから安心した」とか「ほっとした」とか言ってる民主党TPP反対派の方も、結局自民党政権時代の郵政政局ほどの覚悟もない、馴れ合いの反対だったことを暴露したわけだ。これにがっかりした人も少なくないだろう。

 そしてそういう二枚舌は外国との交渉では通用しない。曖昧な表現だから先のような争いが発生するのだ。この週末では農協祭りや県医師会の講座に参加したが、やはり関係者の懸念は強い。やはり、いまの政権のままでTPP交渉に入るのは、日本の国益にとって極めて心配だ。

|

« TPPで信を問うてはいかが? | トップページ | 紅葉の季節 »

18.国会・政局」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。TPPの枠組みに韓国が入って日本が参加しない場合、韓国製品にこのTPPのエリアで全く勝てなくなるということですが、韓国は必ず参加するのでしょうか?
 また、日本が参加しない場合、安全保障の枠組みに亀裂が入るのでしょうか?
 だとしたら、涙を飲んででもTPPに参加しなければいけないのでしょうが、デジャブな議論だな、と馬鹿馬鹿しくなります。

投稿: かめ | 2011年11月14日 (月) 21時32分

難しい事はわかりませんが……TPP参加は日本経済発展には良いと思うのですが 農協は要りませんという事になるのでしょうかね?……
農協貯金は いったい何処へ だれが どう役立てくれるのかしら……?もしかしたら農協さんが勝手に運用してたりして………。なんて、ちっちゃな事がチラッと頭をよぎってます。。。。。。。。。 ヤバっ 早く下ろしとこsign03 なぁ~んてバカバカしい事を妄想中の ちょびっとヒマな静午後です。

投稿: 静午後 | 2011年11月17日 (木) 00時47分

おっしゃる通り、民主党政権にはTPP交渉は出来ません。予備交渉参加への評価があれだけ我田引水に解釈されちゃうのでは、やってられないでしょう。

ただし、同じ事は自民党にも言えますよね。

本来ならば「国民に信を問うべき」マターです。でも、民主も自民も、自分達が割れたままで体裁が悪いし喧嘩にならないから、筋目ならば問うべき民意を問えないでしょ。

悪貨が良貨を駆逐するのがミエミエの、対悪質途上国の日中韓FTAに比べりゃ、未だ法治国家相手の方がマシだとさえ思えてくる今日この頃ですわ。(ハードカレンシーのODAやスワップにタカリながら反日一直線の隣国はもうそろそろ見放すべきでしょう。与える前に先ず貸したお金を回収しましょう!甘い顔したのは自民党ですが、民主党は日本人の国税を自分のお小遣い位にしか思っていないから平気で横流ししますわな。)

タカリ屋の圧力団体を大切にするのが民主党ですが、そろそろコドモのクラブ活動はお終いにしないと、だんだん民主も自民も区別が付き辛くなりそうで・・・ほんと困っちゃいますわな。

投稿: 龍義 | 2011年11月20日 (日) 01時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525277/53242432

この記事へのトラックバック一覧です: 今の政権にTPP交渉は任せられない:

« TPPで信を問うてはいかが? | トップページ | 紅葉の季節 »