« アマチュアだった菅総理 | トップページ | 橋本事務所前、冠水 »

2011年8月28日 (日)

菅政権と『八甲田山死の彷徨』

 民主党代表選がスタートした。まあ明日までの騒ぎでしかなく、どなたか今よりマシな人を選んでほしいと思うのみだ。むしろ選挙権を持つ民主党の国会議員諸氏が、誰になぜ投票したのかについて注目した方が面白いかもしれない。

 去りゆく菅総理について、昨27日の朝日新聞岡山版に僕のインタビューが掲載された。今の日本の現状を、「重い荷物を背負って登山中、霧の中で迷ってる」状態に譬え、その案内人(リーダー)としての菅総理を「中途半端に右往左往して事態をさらに悪化させた」と評価した。

 実はこの譬え、先日『八甲田山死の彷徨』(新田次郎、新潮文庫)を読んでいて思いついたものだ。これは日露戦争前、青森5連隊の雪中行軍隊が吹雪で道を失い、最終的に199名の犠牲者を出してほぼ全滅した事件を描いた小説である。その中で、行軍隊が吹雪の中で右往左往する様子が、思いつきでアレコレ言いだす菅内閣の様子に思えて仕方がなかったのだ。本来の指揮官である神田大尉を差し置いて、同行していた上官の大隊長・山田少佐が「前進!」と言いだす様子は、海江田経産相の頭越しに原発やエネルギー問題に関して指図する菅首相とダブって仕方がなかった。

 またこの事件では、同時に行動していた弘前31連隊の雪中行軍隊はほぼ無事に八甲田山を踏破している。準備や指揮系統などさまざまな要素はあるが、最終的にはリーダーによって結果は変わるという好例だ。「非常時で誰がやっても同じだった」という言い訳は通用しない。

 正直、菅政権が「脱原発」「社会保障と税の一体化」など目新しいスローガンを示したとしても、実現される担保があるわけでもない。むしろ被災地には瓦礫の山と仮設住宅で生活に悩む被災地の方々が大勢残るばかりであり、また「この先日本はどうなるの?」と不安を感じる国民が残されているわけで、そうしたことを顧みず「やれるだけのことはやった」と笑顔で辞任の記者会見に臨んだ菅総理には、怒りすら覚えるのだ。どうぞさっさとお遍路さんに出かけてください。

 そして新聞でも指摘したが、日本が「吹雪で道を見失っている」原因の主たるものは、登山における地図および行動計画たるマニフェストがデタラメだったことだ。そのことは、誰が総理になっても変わることはない。菅総理の辞任が確定して、反省することも無く手のひらを返すように動き出した民主党諸氏の活動は誠に微笑ましい(もちろんイヤミである)。早期に各党がマニフェストを作り直し、国民に信を問うことが必要なのである。

 いよいよ夏祭りシーズンも終了。昼間は暑いが、秋の日はつるべ落としで、街頭演説をしていても日が暮れることが早くなった。くれぐれもお体にご留意を。

|

« アマチュアだった菅総理 | トップページ | 橋本事務所前、冠水 »

18.国会・政局」カテゴリの記事

22.読書」カテゴリの記事

23.雑感」カテゴリの記事

コメント

八甲田山 死の行軍と管直人をダブらせたネタは、素晴らしい!座布団二枚。ところで、第二次大戦中、木村正福さん率いる艦隊がキスカ島から日本人将兵を霧に紛れて、無事救出した話は何度読んでも涙がホロホロ出ます。橋本君の次回以降のブログに登場するのを待ってます。

投稿: 野田敬二 | 2011年8月28日 (日) 22時14分

表層的な言葉のご馳走が随分上手な人が集まっていましたね、民主党。これは結構騙される人が続出しちゃいそうですが、よ~く考えてみたら民主党の電波ジャックでしか無かったでしょ。(笑)

同じ内閣の閣僚・補佐官が見せてくれた見事なまでの閣内不一致と野心の数々。
初めから資格の無い人しか立候補せずに、どんな結果でもクレームつけるしかない「最も性質の悪い党内野党クレーマー」が早くも負け惜しみと恫喝を語っているし!
(日本人は優しいからダメダメ連中の中でも、「馬淵さんはまだマトモじゃん!」とか「野田って結構場慣れしてて鳩・小沢よりもマトモじゃん!」って、何処かに褒めどころを探してしまいます。笑)

組閣・人事を見ないと何とも言えませんが、クリンチを厭わない厄介な「ドジョウ」ですから(駒形どぜうで鍋にして頂いたろか!?)、御祝儀支持率が終わった後に本気で雌雄を決して欲しいものです。

幹事長に細野氏をもって来たら、自民も意外と苦戦しちゃいそうですが、石原氏の後も質では負けないのが数は減っても矜持と隠し玉を持ってる自民党だと信じています。

「言葉のご馳走」よりも、ちゃんと現実を語れる岳さんの冷静で愚直なまでの正直さはとても大事な資質です。これは絶対に欠かせない、でもたいがいの人が持っていない人格です。
今日はつくづく思いました。
耳に優しい嘘や政策無き浪花節で説得する人・される人・・・。
民主党の人々って政策じゃなくて、自己延命の為のドラマを求めている人々なんですね。

私達はそんな方々を税金で養うほどバカじゃありません。(黙して語らず、後世に委ねればよいのに、民主党の方々は自画自賛・ホルホル!自分サイコー!って新旧代表が言わないと、誰も褒めてくれないことを自覚してるのかな。笑。見苦しい!恥を知れ!絶対にみんな忘れませんって!「憲政史上最低と最悪の首相が2代続いた後に、それよりもっと酷い政権を作ろうとした「自分第一の政治屋・政局屋」の元首相と元幹事長!)

党内人事と閣僚人事が常に矛盾を産み出さざるを得ないんじゃ、政党として終わってる?いえ、スタートすらイカサマな烏合の衆の集団フライングだっただけで・・・決して終わってません。だって始まったためしが在りませんもん!(ゲラ)

投稿: 龍義 | 2011年8月30日 (火) 01時02分

代表選に国民の目がくぎ付けの裏で韓直人さんは朝鮮高等学校無償化推進を唱えていたようです。相変わらずしつこく姑息なてを使って… 被災地、日本復活が先でしように!こうなるともう不治のや〇いですね 民主党にはの似合う議員サンいましたっけ??背負っての外交に相応しい議員さんて… …見当たりません、残念……日本終了となりませんように……。

投稿: 静午後 | 2011年8月31日 (水) 00時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525277/52589788

この記事へのトラックバック一覧です: 菅政権と『八甲田山死の彷徨』:

« アマチュアだった菅総理 | トップページ | 橋本事務所前、冠水 »