« 糸 | トップページ | 不信任案とその顛末について »

2011年5月31日 (火)

今、本当に、選挙するの…?

 この週末、会合などで民主党の津村議員・柚木議員とご一緒する機会があった。せっかくの機会なので、「不信任案がもし出たら、賛成するんですか?」と直接尋ねてみた。お二人とも残念ながら「反対します」とのことであった。まあ、お立場を考えれば当然のお返事である。代表選では菅さんと一緒に歩いていたのだから。

 しかしその際、「菅総理は、もし不信任案が可決されたら、絶対解散しますよ」と口をそろえておっしゃっていたのが印象的だった。これは果たして如何なものか。今日も、お二人の親分たる江田法相がそのような発言をされたとか(しかし「圧倒的な力で葬り去る」なんて、日本の法秩序の番人たる天下の法務大臣殿がそんな物騒な言葉を吐いていいのだろうか…。そういえば安住国対委員長も「衆院の解散を進言する」とおっしゃったようだが、それって国会対策委員長の職務放棄宣言にしか聞こえないんだけど)。

 確かに対立が解けないのであれば国民に信を問うというのは、憲政の常道なのも間違いない。僕の立場からしても、「解散上等、かかってこいや!!いつでも受けて立ってやるデ!!」という返事になるし、そのようにお答えした(もう少し丁寧な口調で(笑))。でも同時に、「でも、例えば石巻市とか陸前高田市とか大槌町とかに選挙カー走らせるの?人間としてそれはどうなんですか??」ともお伝えした。

 僕は先に記したとおり、菅総理に対して不信任案を出すべきだと考えている。原子力関係の混乱はヒドイし、津波被災地等の対策も自治体任せ。それでいてサミットに行って、他の大臣にも相談しないで勝手に対外公約だけはしてくる。スタンドプレーも甚だしい。この総理大臣では、日本のためにならない。だから不信任決議案でも問責決議案でも、どんどん即刻提出すべきだ。

 しかしそれを受けて、総辞職をするのか、解散をするかは菅総理の選択だ。一部のA新聞などで、「この時期に解散などもっての他だから不信任案を出すのはおかしい」といった論調もみられるが、国会を解散する権限を持つのは野党ではない。総理である。そして、「ああ、菅さんだったら、日本がどんな状態でも自分の身を守るために解散なんていう非常識な判断をするよな」と皆が納得してしまう信用の無さそのものが、不信任の根本原因なのだ。

 今回の不信任案が可決されるかどうかは、僕には判断がつかない。しかし「総理は、今からでも選挙できると思ってる」ことは明らかになった。仮に今回否決されたとしても、ねじれ国会の構成は変わらない。臨時国会で提出されるといわれる二次補正や、来年度本予算に向けて、波乱の種はどんどん播かれている。そしてその土壌を作ったのは「解散風」をいたずらに吹かせた菅直人総理、その人であることはここで強く指摘しておく。

|

« 糸 | トップページ | 不信任案とその顛末について »

18.国会・政局」カテゴリの記事

24.東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

代々木ゼミナール藤井です。以前医科研の上さんに紹介していただきました。
橋本さんのおっしゃる通りでしょう。パラドクシカルだけど、いま選挙をしようなんていう総理なら「不信任」だ。復興に向けて真に有用な人と策のある野党は不信任案を出すべきだ。
選挙の際は国民の良識を信じたマニフェストなりアジェンダなりの提示があることを期待する。日本の民主主義、そして日本人のあり方そのものを問われる選挙なのだから。

投稿: 藤井健志 | 2011年5月31日 (火) 21時37分

解散といっても今、被災地で選挙を行うことは無理だと思われる。自身の延命のための解散をちらつかせることはやめて欲しい。いま困難にある被災者のために政治が機能しているとは思えない、潔く身を引いてほしい。弱い者のための政治、岳さん期待してます。

投稿: 景子 | 2011年5月31日 (火) 23時43分

無茶かもしれないけど 今 田中角栄さんが総理大臣であったなら どんな対策をしていただろうか…?想像ですが 東北地方大改造論らしき策をドカンと一発発表したかも…sign03案外小沢一朗さんもビシッとお決めになったかも…。少々毒のあるくらいが今ちょうどイイ。岡山四区の民主党議員のように人気取りにチョロチョロ辻立ちしたり 国民受けするパフォーマンスはもう見飽きます、国民に選ばれた代表です。はっきり具体的に自分の考えを堂々と述べていただきたい。フニャフニャしないで ビシッとsign03 岳さんが もし総理大臣だったらどうしますか? のほほんとしてはいられませんよね お願いしますよ~sign03

投稿: えんやコーラ | 2011年6月 1日 (水) 01時56分

ソフトバンクの孫さんは拠点を韓国に移すと発表しましたが… 政府のワキがアマイから… また一つ利用されてしまいました。孫さんは義援金の百億はまだ振り込みしていないようですが…。やっぱりねぇ~~ ……。

投稿: 静午後 | 2011年6月 1日 (水) 02時11分

菅総理はソフトバンクと癒着しているんだろうか・・・ 。

ダミーメアドで失礼しました。


G8ドーヴィル・サミット内外記者会見
http://www.kantei.go.jp/k/speech/2011/05/27G8naigai.html?guid=ON
2011年5月27日

パリ

【菅総理冒頭発言】

すでに、ソフトバンクの孫さんなども、こういった分野への取組みを表明されていることを心強く思っております。


投稿: 大沢 | 2011年6月 1日 (水) 04時00分

あっ 総理最適 石破茂さんsign03この方こそ最適人者だと思います。信念がおありで骨太で。政治への目力も感じられます。

投稿: えんやコーラ | 2011年6月 1日 (水) 12時30分

明日、不信任案の採決ですね。解散になれば、岳先生が国政に戻るチャンスじゃないですか。
 「山に捨ててきてはいけないものは?」と聞かれて、管はこういうでしょう。
 「人の命よりも自分の立場。これだけは
捨ててはいけない」と。

投稿: かめ | 2011年6月 1日 (水) 21時39分

いよいよ勝負の時が近づいて来たぞ!

確かに被災地にとって、その日の生活に苦労している時であり、選挙どころでないことは同じ日本人として苦悩することである。

それが現実であることは理解している。

岳くんの意見、『被災地に選挙カーを走らせるのか?』は全くの正論であり、人としての常識である。

しかし万一、総理の不信任が決議され、その結果で伝家の宝刀"解散権"を振りかざせば、我々が地下に潜り、歯を食いしばって堪え忍んできた、勝負の時である!

選挙になれば、それも現実!

徹底的に民主党政権を叩き潰し、早期の、本当の日本復興を実現しよう!

我々"岳応援団"はこの時を待っていた!

被災地で亀岡先生を始めとした、被災者支援で自分の地元をかけずり回っている浪人中・現職の同士の方々も腹をくくってくれるはず。

過去2回の辛酸を糧に、日本復興という大儀に向かって突っ走ろう!

勝つぞ!

日本のために勝つぞ!



ま、解散すればだけどね。

普通の常識のある人が総理大臣なら、解散しないけどね。


投稿: 頑張れ!岳 | 2011年6月 1日 (水) 22時49分

辞任するも、解散総選挙を打つも、結局の所は総理大臣にしか決められません。
だからこそ、内閣政務3役が続々と辞任をしても、誰の目にも「死に体」だろうが、党内の怨嗟を増幅して事実上の分党になっても、不信任が否決されたらば喜々としてしがみ付く、そんな程度の方々でしょう。

解散総選挙など出来ない事を承知の上で「上から目線で失政隠し」に必死にならざるを得ない、実に哀れな末期症状です。

最悪なのは、不信任決議の可決・否決に関わらず、最も不適任なトップ(国民の精神的絶対少数派でしかない、つまり、信任の無い無能な暴君)が居座り続ける事。

自刃の為に渡された刀で、逆ギレして斬りつけ廻る菅の姿が目に浮かびます。(笑)

菅にトドメを刺すのは、参議院の問責まで待たないといけない事を覚悟しながら、でも代わったところでもっと酷いのしか残っていない事も、実は深い心配です。

岳さん!やっぱり山は麓から綺麗にして行かなきゃです!法務大臣の傲岸なモノ言いよりも、私達みたいな底辺の庶民の方がよッぽど世間を知っていますぜ!(キリ!)

投稿: 龍義 | 2011年6月 1日 (水) 23時24分

本当に今、選挙をして何かいい事があるのでしょうか?
そんな事に時間を費やしているくらいなら政府上層部の方々には被災地へ行ってがれきの処理とか避難所で暮らす方々の本音を聞いてきて欲しいモノです。
党派は違えど柚木氏も選挙をする事より被災地の復興・支援を優先させるべきではないかというような事をブログに書かれていました。
橋本氏、柚木氏は私と年齢もそんなに変わらないので是非とも頑張って欲しいと願っております。

投稿: 岡山県民 | 2011年6月 2日 (木) 00時25分

進展の無い経済、震災対策の責任をとり管総理が辞任するのが一番!しかし辞任はしないと言う。その上不信任案可決となれば解散すると言う。今、解散総選挙は避けたいけれどこのまま管総理では震災対策も経済対策もお先真っ暗です。シブトク権力に執着する気が知れない(-"-;)。不信任案可決による解散総選挙も良いのでは…。それによって日本の経済 震災対策、原発問題が収束するのであれば少しの辛抱はできます。

投稿: 静午後 | 2011年6月 2日 (木) 01時46分

『流星光底長蛇を逸す』
 谷垣総裁が引用した頼山陽の「川中島」の一節ですが、震災の国難に、国政で真っ二つに割れている姿を国際社会はどう、思うでしょうか。
 日本の愚かな様子を北朝鮮や中国は笑っていることでしょう。
 同じく頼山陽の漢詩より

 傍に毒龍の 其のくを待つ有り
             「筑摩河」              

投稿: かめ | 2011年6月 2日 (木) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525277/51818490

この記事へのトラックバック一覧です: 今、本当に、選挙するの…?:

« 糸 | トップページ | 不信任案とその顛末について »