« 静かな一週間 | トップページ | 軽い吐き気 »

2010年8月 5日 (木)

育児放棄なんて生易しい言葉じゃなくて。

 参院選が終わり、次は自分の番。最近は、とにかく歩いている。とても暑いが、ときどきお茶を出してくださったり、ジュースを差し入れてくださったりして励ましていただける。ありがたいこと。「民主党政権を打倒するために頑張ります!」と言っていると「そうじゃなあ、もうどうしょうもねえもんな」とおおむね頷いてただける。

 最近のニュースで、マンションの一室で二児の餓死遺体が発見され、若い母親が逮捕されたという事件があった。関連する記事を読んでみると、「このままだと死ぬかも」と思いながら遊びに出ていたらしい。ここまで来たら立派な「殺人」「人殺し」と呼ぶべきではないかと思う。児童相談所に抗議が殺到しているとの報道もあり、確かにどうにかならなかったかとは思うものの、それ以前の問題だ。

 現政権的な考え方だと、こういう母親も子ども手当を出して救済すべき対象になるのだろうな。間違ってると思うが。

|

« 静かな一週間 | トップページ | 軽い吐き気 »

23.雑感」カテゴリの記事

コメント

★☆★子育てをしたことのない私が言っても賛同を得られないのはわかっていますが、日頃思っていることを述べます。。。「育児放棄する親」「性的虐待をする親」「気まぐれ育児をする親」に育てた『その親達のことは、どうして問題にされないのでしょうか???』***子供に何か起これば「母親のくせに何してた」とか「子供が子供を産むからだ」などの言葉を口にする人がいますが、その人たちの頭の中には『子育ては母親がするもんだ、という固定観念があるのでしょうか?』***私は大きな声で言いたい、『責任者でてこぉ~い!子供を虐待する親に育てたお前さんたちの責任は、とてつもなく大きいぞ!!』(ρ_;)(;_;)★☆★☆★

投稿: ☆天然石ネックレス☆ | 2010年8月 5日 (木) 07時06分

何年か前に口から肺にかけて一味唐辛子がつまって亡くなった子は普段スカートを履かせられそれが当たり前の事のようにいたその子の母親。

日常的に虐待はあったと思う…以前その子の母親と仲が良かった時に目の当たりにしたので…信じがたい事だけどお腹を痛めて産んだ子の後頭部を足蹴りし倒れて起き上がった時その子が鼻血出してたのを見て笑う母親っていったい…。その時の事がまだトラウマになってます。(その出来事は私の住む辺りで起きました)

投稿: ゆなとママ | 2010年8月 5日 (木) 20時06分

最近のニュースは疲弊した日本社会が浮き彫りになってきている、国会議員も 真から国を思う議員が少なくなって何でもかんでも金銭欲が絡み(お金が言わせる旦那様)にしかない、物事の揚げ足取り、人の批評・批判ばかりそのあげく、政府民主党になると、表面だけで繕い中身の無い政府に成っている、国民も選挙する上で責任が有る、この党なら日本を任せられるとジックリ考える力を養って貰いたい 
岳さん国会の中と外の感覚を議院に成られる6年以前より今の唯の人のに成られた方が、世の為人の為になるにはどのように活躍すれば良いか今一番勉強出来ているのでは?此の経験を生かして、今度の選挙では必ず岳さんの一番の魅力を出して、国会の赤い絨毯の上を胸を張って 真の政治家橋本岳として歩いて行って欲しい

投稿: おばさん | 2010年8月 6日 (金) 20時53分

ツイッターに岳先生が「谷亮子」を牛耳っているうんぬんと書いてましたが、「牛耳っている」という表現は政治家としてどうか、と。
 政治家や経営者のような人をたばねる仕事をするのに「牛耳れない」のも変な話で・・・。
 

投稿: かめ | 2010年8月 7日 (土) 21時32分

信じられないような無責任な事件だけど、精神病理学的な問題もあるように感じます。

http://www.kitamaruyuji.com/dailybullshit/

NY在住のジャーナリストが興味深いエッセイを書いているので、時間があればご一読ください。

投稿: キタムラ | 2010年8月12日 (木) 00時50分

「社会で子育て?!」って・・・社会をブチ壊した民主党がよく言うわ!!

「もし中国が同じ問題に直面していたら先陣の日本はどうするんだろうか?」の答えを「喜んでお伝え申し上げます!」っていうあまりにも無意識で喜々としていた自己中な官僚&政治屋達には。。。もう申し上げる言葉もありません。

「国益」すら知らずに護れない頭の悪すぎる方々が国税を莫大に食んでふんぞり返るおかしな日本です。
オリンピックじゃないんだから「ダメな人には辞めてもらおうぜ!」って4年を待てない、もう見切ったバカってただの税金泥棒にしか思えないんでね!

正しいと信じることを、正々堂々と語る!
負けそうな戦でも正々堂々語れる!!
曲げられない正義って、岳さんにも周りのみんなの心にも必ず在るから・・・だから岳さんを放っておけないです!
アツい毎日ですが、必ず岳さんは「偉そうじゃない議員」にかえることを信じて疑わないです!(でも暑さには気を付けて!)

投稿: 龍義 | 2010年8月19日 (木) 01時13分

子供虐待事件、何故? 一言で解決できれば問題ないのだけれど… この問題は社会問題…??。子の親への教育問題…??政治が悪い…??話しは変わりますが、女子には出産という大仕事があります。身体を大事に、ということも含めて、子宮癌予防ワクチンの無料化を推進しているところもあるようですが 無料でなくてもいいのではsign02 本当に日本を大事に思い身体を大事に思う女子(その親)であるならば、五百円?いや千円位払ってでも接種するのではないでしょうかsign02 このご時世、無料化が多過ぎませんか?高校までも。過大保障は頑張らない人を増やすだけで、日本の発展の妨げになりませんかねぇ……。キツイ言葉でごめんなさい。

投稿: ゲゲゲのかあさん。 | 2010年8月19日 (木) 01時42分

        『インディージョーンズ』
私の故郷「山門郡瀬高町」が邪馬台国論争・卑弥呼論争の有力地で古賀誠先生よりも女王山に近かったとは全く気づかなかった私ですが、父に聞くと面白い話がありまして、私は俄の考古学ファンへと早変わりしてしまいました。
 父が兄弟と子供の頃に曽祖父(もはや草葉の人となりましたが・・)の本家に帰省した時、隣の女山で遊んでいると土の中から「矢尻」が出てきた記憶がある、と言ってました。それが古墳時代のものかは知りませんが、九州論争と畿内論争があって考古学ファンを楽しませている邪馬台国の所在地探しに引き込まれていきました。
 日本の国体と天皇家の皇統にも関わるかもしれない、と見方によっては真剣にならざるをえない、この論争の二説は江戸時代の新井白石から始まるようで、以降も本居宣長、明治以後の久米邦武、内藤湖南、白鳥庫吉、佐伯有清、古田武彦、榎一雄、梅原末治と数多くの学者さんが畿内説と九州説に分かれて論争し、それぞれの思考と推理を披露しており、それぞれに説得力があって判断するのが困難です。
 霊能者にでも判定して頂かなければいけない状況ですが、私は1956年生まれの中村 隆之氏の「一支放射状方式」による九州説に説得力を感じています。
 岳先生は、やはり立場上、畿内説でしょうか?

投稿: かめ | 2010年8月20日 (金) 21時58分

ドクター中松さんは「平賀源内」の生まれ変わりだと90年代に幸福の科学で言ってましたが、これは偶然でしょうか。

民主党>「平賀源内研究所」構想 国がタイムマシン助成?
8月20日15時0分配信 毎日新聞

 奇想天外、反主流の研究大歓迎--。民主党の文部科学部会が、こんな科学研究拠点の創設を提言した。その名は「平賀源内記念研究所(仮称)」。新たに発行する「科学宝くじ」の収益を、タイムマシンなど実現不可能とされる研究や常識にとらわれない研究に投じる。事業仕分けで「投資に見合う研究成果を」と強調してきた民主党が、成果主義で買えない「夢」を育てることができるか。

 提言は19日、同部会の科学技術チームがまとめた。欧米では研究機関に偉人の名を付けることが多い。

 チーム主査の首藤(すとう)信彦衆院議員(元東海大教授)によると、静電気発生器「エレキテル」など数々の発明をなした平賀源内(1728~79年)を研究所の名に頂く。日本は明治維新以降、西洋科学を欧米から輸入し発展させてきたが、それ以外の手法や日本独自のテーマについても再評価して育て、次世代の発展につなげたいという。

 原資は、受け取り手が現れないまま有効期限を迎えた宝くじの「時効当せん金」の一部を活用するほか、新たに「科学宝くじ」を創設して年間10億円程度を調達。国内外から50人程度の「異才、奇人」を集め、自由に研究してもらう。

 実現性は未知数だが、首藤議員は「タイムマシン研究でもいい。欧米に追いつけ追い越せの理工学以外から、新たな分野が開かれる可能性がある」と夢を膨らませる。【山田大輔】

投稿: かめ | 2010年8月20日 (金) 22時07分

 最近カール・サンドバーグの「エイブラハム・リンカーン」という書籍を読んでいるのですが、
大統領就任後に南北戦争を遂行しながら、珍談や漫談をしていたリンカーンの憂鬱に思いをいたしているところです。

ネット上で、リンカーンとケネディの類似点なるものが問われているのですが、お二人とも暗殺されたことが類似点というのは皆知ってますけど、以下のようにまとめられていました。⑧の「フォード車上」と「フォード劇場」まで一緒というのは、びっくりしました。

①ともに駐イギリス大使経験者

②リンカーン・ケネディともに30を過ぎてから結婚している。

③リンカーン・ケネディともに20代で亡くなった姉妹がいる。

④リンカーン・ケネディともに46年に初めての議会に選出された。
リンカーン-1846年 ・ケネディ-1946年

⑤リンカーン・ケネディともに60年に大統領に当選した。(就任も共に61年)
リンカーン-1860年・ケネディ-1960年

⑥リンカーン、ケネディともにジョンソンという副大統領がいた。彼らは08年生まれだった。2人とも南部出身だった。
アンドリュー・ジョンソン-1808年生まれ
リンドン・ジョンソン-1908年生まれ

⑦リンカーンにはケネディという名の秘書がいた。(公式の記録には残っていない)
ケネディにはリンカーンという名の秘書がいた。
リンカーン・ケネディともに黒人差別問題に深く関わっていた。
リンカーン・ケネディともに国が南北に別れる戦争に関わっている。(リンカーンは南北戦争、ケネディはベトナム戦争)

⑧暗殺された場所
リンカーンはフォード劇場 ・ケネディはフォード車の上
暗殺日は祝日の前の金曜日・リンカーンは復活祭の2日前の金曜日。
ケネディは感謝祭の前の金曜日。
リンカーン・ケネディともに頭を狙撃された。

 両方の事件の目撃者や関係者など事件に関わった多くの人々が不審な死を遂げたり、災いに巻き込まれている。

まだその他の類似点があります。

投稿: かめ | 2010年8月24日 (火) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525277/49063938

この記事へのトラックバック一覧です: 育児放棄なんて生易しい言葉じゃなくて。:

« 静かな一週間 | トップページ | 軽い吐き気 »