« 参院選終了、そして新たなスタート | トップページ | 育児放棄なんて生易しい言葉じゃなくて。 »

2010年7月17日 (土)

静かな一週間

 参院選が終わって約一週間。梅雨も明け、すっかり暑くなった。選挙にご支援いただいた方々へのあいさつ回りに歩いていてあっという間に過ぎてしまった感がある。豪雨災害にあわれた皆さまに、お見舞い申し上げます。

 内閣改造があるわけでもなく、民主党幹部が責任をとるわけでもなく、なんとなくのんべんだらりと過ぎてしまった一週間。小沢一郎・民主党前幹事長の「不起訴不当」の判断があったが、ご本人は姿を見せず。かといって自民党から斬新なアクションがあるわけでもなし(この辺を戒めるのに「勝って兜の云々」と書いたのですが)。おそらく東京ではバッジをつけた方々が与野党を問わず会合したりしているのだろう。嵐の前の静けさの感もある。

 一方、惨敗した岡山でも、もう話題は次に移っている。「次はあんたが頑張らにゃおえんぞ!」と激励していただけるのはありがたいが、少し気が早くないか。確かに県議選がこの四月にあり、また衆院選もいつあってもおかしくない状況ではあるが、その前にきちんと参院選の総括をしなければなるまい。おなじ民主党の大立者相手の新人女性候補の敗戦でも、山梨県の善戦ぶりと比較するとやはり岡山の結果は厳しい。個人的には、比例選の結果などを集計しながらいろいろ考えているが、自民党岡山県連としてもさらなる検討が必要だと思う。

 選挙の結果から学ばない政治家・政党はいつまでたっても信頼を回復することはできない。自戒、自戒。

|

« 参院選終了、そして新たなスタート | トップページ | 育児放棄なんて生易しい言葉じゃなくて。 »

23.雑感」カテゴリの記事

コメント

随分と無礼なことを書きましたが、僕は確信していることがあります。
何かにつけ100点満点の結果と、納得のいく説明を延々と求められるのが「もっと仕事をさせてくれ!」と願う政治家の日常なんだと思います。有権者の怒りを買わずに良いイメージを作り出すことばかり熱心になって、ホントにやらなきゃいけない議員の仕事を「選挙の為の仕事」にすり替えちゃう与党議員はたくさんいますが、岳さんは不器用だとしてもイメージ作りよりも現実をちゃんと見て現実を認識していらっしゃる方だ!って確信しています。

何が正解で、何が必勝法なのか正直僕には分かりません。(ゴメンなさい!ホント分からなくなっちゃったです!)
でも、勝てそうな人に付くだけの「牛後な人」ではなく、愚直に正論だけを正直に語る「鶏口の人」だと信じています。

しかし、選挙の間は死ぬ気だった政治家さん達が、終わったあとにすっかり抜け殻状態で、有給休暇?全然働いていないことを恥じない感性だけは許せません!
「今すぐ変わる!」とは思っていませんが、「一仕事終えてらっくら?」って議員は絶対に必要がありません。

剣の道を知る岳さんが、静かに見える時間の流れを受けながら日々研ぎ澄まされていくことを僕は信じて疑いません!
かなり古くて恐縮ですが「岳さんは赤胴鈴乃助!」って思っていますもん!!

投稿: 龍義 | 2010年7月20日 (火) 04時51分

山田みかさんが敗戦sweat01江田さんが勝つ岡山県、この先発展は見込めそうにありません。このご時世、何故岡山県は民主党勝利?江田さんが有名だからsign02 ある意味 平和〇けした?岡山県民、危機感が無さすぎる気がしますが…。どうにか岡山県を変えなければsign03もうそろそろ世代交代をsign03と願っていたのですが…。

投稿: ガンバレ日本炭素繊維。 | 2010年7月20日 (火) 23時55分

日本の労組が解散しない限り 日本の発展は厳しいかも…。世界一番になることへの邪魔労組…… あ~ こまった こまった。少し言い過ぎました………?

投稿: 新人議員給料日割りGOOD!!。 | 2010年7月21日 (水) 22時39分

ご近所に住んでいます。選挙用のキャッチコピーでない信条を聞かせてください。上記のブログに紹介している経歴で、毎日苛々しています。ササヤカナ経験からですが、日本(国民)が持っている世界一の特性を生かすことを本気で考えましょう。第4区の小企業はタカラのヤマです。

投稿: 桑田 | 2010年7月22日 (木) 05時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525277/48898711

この記事へのトラックバック一覧です: 静かな一週間:

« 参院選終了、そして新たなスタート | トップページ | 育児放棄なんて生易しい言葉じゃなくて。 »