« 藤井財務相、辞任 | トップページ | 鳩山総理は言葉を行動で裏付けるべきだ。さもなくば… »

2010年1月14日 (木)

政権奪還論

 年始めのご挨拶回りや新年会などが続く。あちらこちらでお話を伺うが、企業・商店等でも景気の良い話は少なく、むしろ身を縮めながら歯を食いしばって耐えるようなお話が多い。また経済のみならず民主党・小沢幹事長関係の強制捜査などもあり、民主党政権の行方についても懸念の声も多い。ただ同時に、自民党政権についても「見えない」「パッとせん」といった評価が必ず付いて回る。残念ながら自分でもそう思える。

 たまたま、倉庫の掃除を年末にしていたら、父・橋本龍太郎が野党時代に書いた著書「政権奪還論」が大量に出てきた。そこで、党幹部の方々に読んでぜひ気合を入れていただくように、石破茂政調会長宛に二十冊箱に入れて宅急便で送った。もちろん自分も再度目を通した。

 曰く、「 『どうやって国民の多数に支持され、ともに歩むという参加意識を持っていただける政党にするか』これが党改革のゴールになる、といっても過言ではない」と。

 この言葉が党幹部はじめ関係各位に届くことを、切に願う。


100114

|

« 藤井財務相、辞任 | トップページ | 鳩山総理は言葉を行動で裏付けるべきだ。さもなくば… »

23.雑感」カテゴリの記事

コメント

「自民党は、内実のない言葉や見せかけだけのパフォーマンスによってではなく、具体的な<政策>と、それに裏打ちされた行動とによって、国民に、"自民党の政治"を訴えていく。と同時に、我々は自分たちの<政策>を高く掲げ、他党派に対して論争を挑んでいくつもりだ。」
私は、「政権奪回論」の序文のこの一文がとても好きです。
責任政党「自民党」の誇りと政治家「橋本龍太郎」の自負が垣間見える文章だからです。
「自民党」には、責任政党としての誇りを取り戻してほしいと切に願っています。
私は、「政権奪回論」を読んで、あえて考えが異なる点をお手紙で申し上げました。
その手紙に対して、「とても嬉しく読みました。私と意見がちがう部分をはっきり書いてくれた点です。いろいろな意見が有ってはじめて良い結果にむかうのですから。」というお返事をくださいました。
いろいろな評価がありますが、私は橋本龍太郎先生は本当に心優しく誠実な人柄であったと思っています。
まだまだ厳しい寒さが続きますが、どうかご自愛のほどをお祈り申し上げます。

投稿: ka-yama | 2010年1月14日 (木) 22時00分

未だに、民主党に支持がある理由を考えよう!
有権者は改革を求めている。
岳さんも含め、取り巻きの為の私利私欲の為に政治をしているのではないか!
もっと一般市民の共感を得る手法を考えたとき、岳さん個人の魅力UPが必要ではないか!
俺個人的には、伊東市長のようなイメージが必要ではないか!

投稿: たましまん | 2010年1月15日 (金) 13時15分

自民党県連が募集していた参議院選挙の候補者3名辞退した。家族の反対が理由だそうだ。岳も父上の反対を押切り出馬、現在にいたる。今回はどうだろう!
要請があればでる気があるのか!無職を自慢する前に検討してくれ!協力するよ

投稿: たましまん | 2010年1月16日 (土) 15時54分

 明日はいよいよ、「小沢一郎の最後」になると私は信じていますが、民主党の党大会での小沢の姿を見ていて、シェイクスピアの悲劇を見ているように感じました。マクベスでしたか、リア王でしたか・・。
 検察の動きに内心怯えつつも表には一切出さず、テレビに一生懸命出て、会合に出て、「必ず逃げ切ると、戦いぬいて生き残る」と必死で思っていたのだろう。
 デジャブのように、俺だけは絶対、田中のようにはならない、金丸のようにはならない。
 天網恢恢疎にして洩らさず。悪王の骨ぐらいは拾って、お経をあげてあげたいと思いました。南無阿弥陀仏。

投稿: かめ | 2010年1月16日 (土) 21時44分

民主党政権、うんざり。こうなることは初めから分かっていたではないか。所詮は悪の巣窟の旧社会党や元経世会。左巻きばかり。岳先生のスタンスも全く曖昧。というか、残念でなりません。
昨日のセンター試験、現代社会の出題に驚愕しております。外国人参政権は憲法違反ではない?どうなっているのでしょうか?谷垣さんは慎重にと表明されました。今こそ、自民党は一丸となって足並み揃えるべきなのではないでしょうか?9割が反対というアンケート結果がでております。私の周りでも全員反対です。
参政権問題、もっと議論されるべきではないですか?国民に周知されるべきではないですか? 自民党として義務があると思います。

投稿: 憂国のママ | 2010年1月17日 (日) 12時45分

小沢の逮捕はないのでしょうか。驚愕です。検察は今日、お休みだったのでしょうか。通常国会始まっちゃうのに。

投稿: かめ | 2010年1月17日 (日) 19時15分

ご無沙汰しております。
変わらぬ信念を持って活動なさっているご様子に、うれしく存じます。
年が明けても、日本丸の行く手は霧に包まれたまま見えませんね。大海原ではなく、岩場を目隠しのまま強引に進むような・・・
座礁するのではと気が気ではありませんが、降りることもままならず、不安が募ります。
どうぞ岳さんは心の中の羅針盤を掲げ、行く先を照らす灯台となって下さいませ。

投稿: 栄里子さんのファン | 2010年1月18日 (月) 18時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525277/47292553

この記事へのトラックバック一覧です: 政権奪還論:

« 藤井財務相、辞任 | トップページ | 鳩山総理は言葉を行動で裏付けるべきだ。さもなくば… »