« 舛添政治カレッジに出席! | トップページ | 柚木議員、ご結婚おめでとう »

2009年12月17日 (木)

普天間先延ばし。無念残念。

 普天間基地について、移転先の決定について鳩山内閣は「先延ばし」を決めた。なんとも言いようのない失望感を覚える。このまま返還合意そのものも反故になってしまうのではないか。だとすれば、極めて無念、残念、悔しい。

 1996年父・龍太郎が総理の時、普天間基地返還の日米合意がなされた。クリントン大統領との会談の際、かねて米兵による少女暴行事件などで問題になっていた普天間基地問題をとっさの判断で切りだしたところ、そこから話が動き出して合意に至ったものだ。合意の翌朝、一面記事の大見出しに「普天間基地返還」とデカデカと出た新聞を見て、うれしそうにニコッと微笑んでいた笑顔は忘れられない(たまたまその日僕も総理公邸にいたのだ)。沖縄にはひときわ思い入れの強い父ゆえ、会心の仕事だったであろう。

 しかし条件として移転先を決めることが含まれていたため、そこから様々な紆余曲折を経ることとなる。その中で自民党政権は現地と粘り強く協力を重ね一歩一歩ハードルを越え、10年以上の月日が流れようやく辺野古で合意形成が実現されそうになっていた。その時に、政権交代となってしまったのだ。これが無になってしまうと思うと、なんとも言葉がない。

 鳩山内閣は、発足以来この問題については実に迷走を極めた。北沢防相は「普天間やむなし」と言い、岡田外相は「嘉手納」と言い、社民党は「県外・海外」と言う。鳩山総理は「私が判断する」と言いつつ、「年内に決着」とか「年明けに先送り」とか言うことがころころ変わり、結局決定したことは「先送り」。こんな素敵な結論、どこに鳩山総理の「判断」があるんだろうか。リーダーシップとは?

 また一体鳩山総理はオバマ大統領に、どの面下げて「Trust me.」ナドト抜かしたのだろう?約束を破棄する人の何をどう信じろというのか?オバマ大統領も呆れてものも言えないだろう。それが我が国を代表する総理の発言なのだから、あまりの信義もへったくれも無さにバカかとしか言いようがない。そんな人が自分の国の総理なんて恥ずかしすぎる。あっちにもこっちにもいい顔してウソをつく子供みたいだ、と書いたら子供に失礼だろうな。

 連立与党の社民党さんに忠告したい。来年夏の参議院選挙で民主党が過半数を占めたら、社民党を切り捨ててあっさり辺野古に決めるかもしれませんよ。それがわかっていて「結論先送り」を受け入れ、引き続き福島党首がまだ閣内に居るのならば、党に対する裏切りと言うべきだ。まぁ、自民党の話じゃないからどうでもいいけど。

 そしてこの結論先送りにより、米軍再編自体が頓挫し普天間基地返還合意そのものが反故になるリスクを、民主党はどのように考えているのだろうか。結局宜野湾市の市街地に基地がある危険性がずーっと残ることになるのではないか?結局沖縄の方々に重い負担がかかる現状が維持されることこそ、橋本龍太郎が最も無念に思うことであろうし、僕も残念としかいいようがない。さらに今後の日米関係に及ぼす影響だってどうなることかわからない。

 連立維持を目的として、国民を危険にさらし続けるのであれば罪は重い。即刻解散総選挙すべきだ。

|

« 舛添政治カレッジに出席! | トップページ | 柚木議員、ご結婚おめでとう »

23.雑感」カテゴリの記事

コメント

学校スレスレに軍用機が飛んでいる「子供達のリスク」よりも「ジュゴンのリスク」を重視する社民党には呆れます。
いくら自分達がジュゴンみたく稀少な生物だからといって、人間よりもジュゴンが大事なんでしょうか?
もともと繁殖力の小さい動物ですから、朱鷺のように捕獲した上で「ジュゴン保護センター」(振興金で作れば良い)で守ってあげる・・・なんてダメでしょうか?
社民党の方々は国会よりもジュゴンの世話係の方が適職かと思いますし・・・。
でもジュゴンより先に社民党が絶滅しますか・・・。

投稿: 龍義 | 2009年12月17日 (木) 10時42分

民主党が選挙に勝ったから好き放題してるだけよ。岳は倉敷市民の方を向いて真摯に耳を傾け地道な活動をする。これしかないだろうに!基地問題は石破茂に交渉してもらえよ。最近、街頭演説しているのか?顔が見えないよ。父の墓前で何を誓ったのか?まずは選挙対策に全力投球しなさいよ。

投稿: たましまん | 2009年12月17日 (木) 19時23分

普天間問題に限らず、米国側との政府の交渉を見ていると(昨今特に)まるで終戦直後の日本のような雰囲気があり敗戦国か傀儡国家であるかの錯覚にも捕らわれてしまう。強い国を目指す政府首脳が居無いのかトップリーダーとしての認識が甘いのか、これでは景気回復どころか傾城に拍車がかかり今以上に日米間の感情が悪戯に悪化したり、又、軋轢が生じるんでは?と危惧し一抹の不安さえ覚えます。橋本岳先生はそこら辺りを如何お考えになっていらっしゃるのでしょうか!?………

投稿: 龍ふたたび | 2009年12月17日 (木) 22時29分

まるで終戦直後のGHQ支配下の日本を見ているようである。アメリカの顔色ばかり伺ってしかも悪戯に結論を先送りにするばかり。日米間の無用な軋轢も避けられまいとも感じられる。トップリーダーとしての認識が甘いのか?決断力に欠けるのか?戦争で亡くなられた多くの日本国民や、戦って尊い命を捧げられた英霊の方々、一番には激戦地の舞台となった地元沖縄県の方々に対して本当に心尽くしがあるのか否か問いたくなるばかりである。

投稿: 龍ふたたび | 2009年12月18日 (金) 21時53分

アメリカの顔色ばかり伺ってしかも悪戯に結論を先送りにするばかり。日米間の無用な軋轢も避けられまいとも感じられる。トップリーダーとしての認識が甘いのか?決断力に欠けるのか?戦争で亡くなられた多くの日本国民や、戦って尊い命を捧げられた英霊の方々、一番には激戦地の舞台となった地元沖縄県の方々に対して本当に心尽くしがあるのか否か問いたくなるばかりである。

投稿: 龍ふたたび | 2009年12月18日 (金) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525277/47040914

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間先延ばし。無念残念。:

« 舛添政治カレッジに出席! | トップページ | 柚木議員、ご結婚おめでとう »