« 支えあいの年金 | トップページ | マニフェスト »

2009年7月28日 (火)

「岳歯会」発足!

 昨日夜、倉敷市の4歯科医師会の先生方が中心となり、歯科関係者の方々による橋本岳の後援会「岳歯会」を発足していただいた。発足式には酒井県歯科医師会会長、原歯科医師政治連盟会長、そして石井みどり参議院議員にお運びをいただき、激励と応援のご挨拶をいただいた。ここに至るまでのご関係の方々の粘り強いご尽力に感謝を申し上げたい。後援会ができるというのは、新聞が書くほど簡単な話ではない。まずは選挙に向けて全力を尽くし、ぜひご期待にこたえなければならない。

 診療報酬が抑えられていても高齢化や医療水準向上などにより医療費全体は増加をしつつある中で、歯科医療費のみは横ばいで推移してきた。一方で、以前自民党の勉強会にて、寝たきりのご老人が適切な口腔ケアを行うことで畑を耕せるまでに至った!という例が報告されていたのだが、そのくらい歯科医療は高齢社会にて重要。食事が自分の歯で美味しく食べられることは、国民皆の健康の源なのだ。だから口腔健康法案の議員立法の提出者にもなった(解散により廃案になったが)。もっと注目されるべきことだと思う。

|

« 支えあいの年金 | トップページ | マニフェスト »

03.医療・介護」カテゴリの記事

コメント

★☆★私は3か月ごとという間隔で『口腔ケア』のために歯科医院へいっております。。。歯石などを取った後、歯の表面を磨いたり口の中の様子を伝えてくれるような簡単なケアですが、ここ数年虫歯や歯槽膿漏などにかかっておりません。これだけでもうれしいことなのですが、私はこの口腔ケアのおかげで『人前でも歯を見せて笑える』ようになりました。引っ込み思案の私にとって、口腔ケアはとても大きな原動力となっております(*^-^)(^-^*)★☆★☆★

投稿: ☆天然石ネックレス☆ | 2009年7月28日 (火) 15時38分

歯科の医者も医療も大事ですが、私はこれに何らかの天の計らいを感じざるを得ません。日本医科歯科学会からの献金問題でお父様は政治生命を絶たれた記憶があります。
 医者志望の中にはお金になるからという理由で歯科を目指す人間が増加していると聞いています。産科や救急と違い、人の命に直結し、かつ医療全体の中で危機に瀕しているのではないのですから、岳先生は距離感を大事にされるべきではないか、と僭越ながら御忠告致します。
 支援者、必ずしも国民全体のことを考えたり、お客様や消費者等のことを考えているのではなく、権益を守りたいだけのこともあります。
 是非、日本全体にとって何が重要か、を大所高所から見通す胆力と思慮と見識を示して頂きますようお願いします。 

投稿: かめ | 2009年7月28日 (火) 19時19分

以前は 歯龍会でした
歯科医師会も二分しているようで 以前のような環境ではないようです
会合では自民党と言いつつ 現実は民主党とカメレオン派が多いようです
引き締めていかないといけませんがぁ

投稿: ギンガマン | 2009年7月28日 (火) 22時45分

橋本 岳先生の1期目のご活躍を考えれば岳医会があってもいいはずなのですが、ございますか? 全国の医師有志で何か後方支援ができないものかと思案しています。

投稿: Taichan | 2009年7月31日 (金) 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525277/45763943

この記事へのトラックバック一覧です: 「岳歯会」発足!:

« 支えあいの年金 | トップページ | マニフェスト »