« 財政制度審議会の建議 | トップページ | 障害者福祉の今 »

2009年6月 7日 (日)

小学校の運動会・海自東京音楽隊のコンサート

 早朝から会合二件。その後、長男が通う市立大高小学校の運動会へ。真夏のように照りつける暑い日差しのもと、リレーで全力疾走する子どもの応援。なかなか足が速い。大高小学校は生徒数が多く運動会は大迫力。応援合戦や大玉ころがし、騎馬戦、そして見られなかったが必ず閉会式前に行われる六年生最後の種目、組み体操までの流れが伝統として継がれ続けている。善きことである。その後市立南小学校の運動会にも顔を出した。こちらは新設二年目でフレッシュな感じ。

 午後は、くらしき作陽大学にて海上自衛隊東京音楽隊のコンサート。一種のプロなのだから当然なのだが、やはり見事な演奏で聞きごたえがある。前半しか聞けなかったが、チック・コリアの「スペイン」がノリノリで良かった。海自東京音楽隊には恩がある。父龍太郎の党・内閣合同葬の際日本武道館で演奏していただいているのだ。ご遺骨退場の際に慶應義塾応援歌「丘の上」が演奏された際には、多くの塾関係者が慶應を愛した父を偲んだという。そんなことを思い出しながら楽しませていただいた。

 夕方は早島で街頭演説と挨拶回り、夜は懇親会など。

|

« 財政制度審議会の建議 | トップページ | 障害者福祉の今 »

01.地域活動」カテゴリの記事

コメント

今日は暑かったですね。南小にお越しいただきありがとうございました。お姿を拝見しました。今年は大高小と重なったので見に行けずに残念でした。

投稿: yoshikot | 2009年6月 7日 (日) 04時22分

★☆★お子さん達の学校行事には、たとえ数時間であっても時間調整をして参加なさる橋本岳さん。とてもすばらしく、カッコイイと思います(*^。^*)橋本岳さんのお子さん達がうれしそうにしている様子が、他人であるにもかかわらず私にも伝わってきそうですo(*^▽^*)o★☆★☆★

投稿: ☆天然石ネックレス☆ | 2009年6月 7日 (日) 12時08分

運動会の伝統として継がれ続けている。善きことである
簡単に言わないでもらいたい
最近の保護者に対してどれくらい先生が苦労しているか
正規の先生はその中どれくらいいるかわかっていますか?
子供にも教え またそれ以上にも臨時の先生にも教え 教育現場も崩壊しているのですよ
二年目のフレッシュな学校うらやましい
同じ市内でも便所の戸の鍵は壊れ 校舎の外壁脱落におびえ 現に昨年運動会中に落ち乳児に当たりそうになって大騒ぎ そうでもならないと市の予算で直してもらえない
そのためにPTAのバザーで我が子の姿も見ないでジュースを売るお母さん方が かわいそうです
大高は本当にいいですね 楽しそうで
この不平等を各方面で見る日本選挙前に音楽をどんな気持ちで聞いていたのか 聞けたのか 聞かせてほしい

投稿: ギンガマン | 2009年6月 7日 (日) 13時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525277/45259108

この記事へのトラックバック一覧です: 小学校の運動会・海自東京音楽隊のコンサート:

« 財政制度審議会の建議 | トップページ | 障害者福祉の今 »