« 僕はなぜ野次るか | トップページ | 新春の集い »

2009年2月 5日 (木)

誕生日

本日35回目の誕生日。いよいよ四捨五入したら40歳である。

じっくり考えたら、同級生や後輩ででもう他界してしまった友人の顔が浮かぶ。無事にこの歳を迎えられたことを間違っても当たり前だと思ってはいけない。彼らの分も頑張って生きなくてはならない。

これまでの自分を造って下さった全ての方に、感謝。

|

« 僕はなぜ野次るか | トップページ | 新春の集い »

23.雑感」カテゴリの記事

コメント

先日 街頭で、お話しでき、橋本先生の大ファンになり、このプログを拝見し先生の真摯で誠実な人柄、国会でもますますのご活躍を

野次の件は、国会中継が聞きにくい面もありますが、民主党の不誠実な質問・態度には、憤る。

しかし最近の実体経済の悪化は、凄まじい。名だたる大企業が赤字のオンパレード
日本国大丈夫かと不安

また街頭で先生のお話が聞ければ、うれしいです。


投稿: トシアキ | 2009年2月 6日 (金) 10時36分

誕生日おめでと(^_^)∠※PAN!presentbirthday

投稿: mitsu | 2009年2月 6日 (金) 16時07分

 毎日新聞より
『「政府紙幣」など経済対策の新たな財源を探る自民党の「政府紙幣・無利子国債発行を検討する議員連盟」は6日、設立準備会を開いた。

 通常のお札(日銀券)とは別に政府が紙幣を発行する「政府紙幣」には「インフレを招き、財政への信認を失墜させる」など反発もあるが、議連顧問の菅義偉選挙対策副委員長は「従来の発想を超えた100年に1度の対策が必要だ」と強調。大規模な追加経済対策の実施も視野に、今年度中に政府・与党に実現を働きかける方針を確認した。
 また、政府紙幣とともに議連が実現を目指す「無利子国債」は、利子を付けない代わりに、相続税の課税免除の特典を与える仕組み。高齢者や富裕層のニーズが見込め、追加経済対策に伴う財源調達を円滑に進められる利点があるとしている。ただ、「金持ち優遇」との批判も予想され実現性は不透明だ。』

 90年代に中馬弘毅さんも語られておられましたが、政府紙幣の発行は、奇策ですが今こそ検討するべき時期だと考えます。実際、800兆円というお金は、返せません。返そう、返そうと考えると個人でも普通の人は借金取りに精神的に追い込まれ、生き地獄を潜り抜けなければなりません。ブラジル(アルゼンチン?)のようにいったん債務不履行の荒波をくぐるという方法論もありますが、アメリカが退潮しつつある今日、経済大国第二位の日本がそんなことをしたら、無茶苦茶になります。
 高橋洋一のような数字に強い方を使って、この際「聖徳太子」の政府紙幣を発行し、800兆円の借金を返済するために必要な額だけ発行してはいかがでしょうか。

投稿: 聖徳太子 | 2009年2月 7日 (土) 07時50分

お誕生日おめでとうございます。
昨日のコメントに桝添さんに対してさん付けをし忘れてしまいすみませんでした。
郵政見直し大賛成です!
これで本格的に自民を応援できそうだと親もいってました。頑張って下さい!
素敵な充実した一年を!私もいよいよ就活だぁ!ガンバリマス!!

投稿: うさぎ | 2009年2月 7日 (土) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525277/43967706

この記事へのトラックバック一覧です: 誕生日:

« 僕はなぜ野次るか | トップページ | 新春の集い »