« 予算委終了 | トップページ | 民主党の良心 »

2009年1月14日 (水)

富士山

富士山
今日の「のぞみ」車窓からの富士山。大気も澄んでいて、とても綺麗。

昨日は結局、1時間20分遅れで総務委員会開会、質疑後民主党議員退席の中で5時頃採決。6時過ぎに本会議開会、7時過ぎに散会。

補正予算早期成立目指して働くが、こういう日は一面でやり場のない無力感が漂うのも事実。風邪気味のせいもあるかも知れないが。

だからこそ美しい富士の姿や抜けるような晴天が、しみじみうれしい。

さあ、今日も頑張ろう。

|

« 予算委終了 | トップページ | 民主党の良心 »

23.雑感」カテゴリの記事

コメント

こんちにちは。
補正予算早期成立に向けてがんばってください。民主党はスピードがないと指摘していたのに、自ら審議拒否とは情けない。支持は得られないだろうと考えます。あとどの政党も定額給付金にとらわれすぎかなとも思います。

投稿: dege | 2009年1月14日 (水) 16時00分

自民党衆議院議員に一言お願い申し上げたく、ご多忙だと存じ上げますが、よろしくお願いします。            さて、先の衆議院本会議にて与党の賛成多数により、所謂『定額給付金付第2次補正予算』は可決されました。衆議院で可決されましたので次は参議院での審議及び採決になります。おそらく参議院では野党の反対多数により否決され、衆議院に送り返されることが予想されます。私のお願いというのは非常に簡明でありまして衆議院においてこの『定額給付金付第2次補正予算』を反対否決してほしいということです。TVまたは新聞の世論調査では、約7割の国民がこの定額給付金に反対しております。また現在の不況下の中、中小企業の破綻、派遣切り等が顕在化し、家計状況が悪化の一途をたどる家庭が増えているものと思われます。また政府が3年後の消費税増税の法制化の明記をすることによりまして家計の消費はすすまず、定額給付金の目的である『経済刺激』は見込めないものと思われます。また2兆円あれば、雇用等への重点的な対策、崩壊の一途をたどる産科、救急科医療への対策、疲弊する地方自治体への援助、教育問題(学校の耐震化)等、他に有効に使う道が多々あるかと思います。はっきり申し上げまして国民が必要としてないし何の役にもたたない、理念も目的もない言わば自由民主党の党利党略のために税金をばらまき、国民を一時的に喜ばせることに国民の血税を使用する事は、どぶに金を捨てることとなんら変わりはないと思っておりますし、多くの国民が他の分野に使うべきだと考えております。そこで『国民の目線に立った政治』『国民の生活が第一』を目指される 自民党衆議院議員におきましては、当然反対されるのが筋でありまして、仮に賛成されるのであれば『私は国民の声を無視し、党利党略を優先しました』と自ら述べていること(以下、次のコメントに続きます)

投稿: 霞大樹 | 2009年1月14日 (水) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525277/43737070

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山:

« 予算委終了 | トップページ | 民主党の良心 »