コンタクト

アドレス(URL): http://www.ga9.jp/

1行紹介

”「切実な思い」をくむ政治の実現” 衆議院議員  橋本岳です!

自己紹介文

橋本 岳【はしもと がく】

 衆議院議員(当選二回、岡山県第四選挙区選出)、厚生労働大臣政務官。

 昭和49年2月5日生まれ。血液型A型。みずがめ座。岡山県総社市出身。総社市民として高校卒業までの18年間をのびのび過ごす。父は橋本龍太郎元総理。

 総社市立常盤小学校、関西学園岡山中学校・岡山高等学校を経て、平成8年3月、慶應義塾大学環境情報学部卒業、平成10年3月、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。修士(政策・メディア)。大学では加藤寛、相磯秀夫、金子郁容、井下理、村井純といった恵まれた教授陣のもとで、ネットと社会の在り方について調査と実践を行う。

 同時に体育会剣道部に所属し稽古に励む。また学連担当として大会の運営に汗を流した。日本武道館の電光掲示板の操作ができるのはひそかな自慢のネタ(昔とシステムが変わってなければ…)。

 また大学院在学中、同級生だった妻栄里子と大恋愛の末学生結婚。ハネムーンベイビーを授かり、二人が乳母車を押して学内を歩いていたことがしばしば目撃されることとなる。現在では4児の父。

 平成10年4月、株式会社三菱総合研究所入社。研究員として、まちづくり、地域情報化、インターネットコミュニティを利用したまちづくり、電子自治体、行政評価等に関する業務を担当し、さまざまな地域での街づくりや中央省庁の情報政策立案等を研究し、実地にも生かす。

 平成17年8月、郵政解散に伴い退職、岡山県第4選挙区(倉敷市・早島町)より自由民主党公認候補として衆議院総選挙に立候補。96,356票を得票し、小選挙区では次点となるも、比例中国ブロックより復活当選し、衆議院議員を一期務めた。平成21年の解散にて落選。三年四か月間、自民党岡山県第四選挙区支部長として『明日への選択 信頼ときずな』を合言葉に浪人生活を送る。平成24年12月の総選挙で91,155票を獲得し、岡山県第四選挙区の小選挙区で当選。現在、衆議院議員(二期)
 
 前回衆議院議員在職中は総務委員会、経済産業委員会、テロ対策・イラク復興支援特別委員会、沖縄・北方特別委員会に所属。自民党では、道州制推進本部事務局次長、難病議連パーキンソン病WG事務局長、情報局次長等を務める。平成研究会に所属し、平成20年の自民党総裁選では石破茂候補の選対事務局として飛び回った。 「政治は弱い立場の方々のためにある」を信条とし、難病対策の充実や道州制の実現、Aiによる死因究明制度の充実を目指して活動した。

 二期目は衆議院総務委員会理事、テロ・海賊対策特別委員会理事、自民党政務調査会総務部会、厚生労働部会、経済産業部会各副部会長などとして多方面で汗をかく。

 これらのキャリアを評価され、第二次安倍改造内閣にて厚生労働大臣政務官に就任。塩崎恭久厚労相を全力で支える。

 趣味は剣道(三段)とピアノ。いずれも最近は時間がとれずままならない。プロレス観戦も好きだが、毎週『週刊プロレス』を愛読してストレスを解消。読書の幅も広く、最近は海堂尊の医療関係の単行本を全巻読破した。マンガも好きで、子どもが読んでいた『結界師』『銀魂』等は新刊が出ると必ず買ってくるようになった。酒は何でも飲むがあまり強くはない。ラーメンが好き。特にとんこつ、家系が好き。

 また映画・マンガの『岳』を見たことをきっかけに、山歩きが趣味に加わった。父・龍太郎から譲られたザックを背に、大山や蒜山などを一人で歩く。時々「橋本さんですね!」と声をかけられ、山頂で即席握手会となり小沢一郎もびっくりの超川上作戦が展開されることも。

 現在、NPO法人岡山県水泳連盟理事・会長、NPO法人ストップ結核パートナーシップジャパン理事、学校法人関西学園理事、社会福祉法人クムレ理事。社団法人倉敷青年会議所正会員。